彩りのない世界。

この世界で生きてる証をあなたの胸に遺そう。

トンネル

 

 

先の見えないトンネルの中を走っていた。


すれ違う車のヘッドライトが眩しかった。

 

 

 

先の見えないトンネルの中を走っていた。


すれ違う車の数々が遠のいていった。

 

 

 

長いトンネルを抜けた先にあるのは光なのだろうか。


長いトンネルを抜けた先にあるのは闇なのだろうか。

 

 

 

先の見えないトンネルの中を潜っていた。


すれ違う車のタイヤの音が軋んでいた。

 

 

 

先の見えないトンネルの中を潜っていた。


すれ違う車の数々が小さくなっていった。

 

 

 

長いトンネルを抜けた先にあるのは希望なのだろうか。


長いトンネルを抜けた先にあるのは絶望なのだろうか。

 

 

 

 

光を求めて進んだその先に、僕らの未来があるのだろうか。


光を求めて進んだその先に、僕らの倖せがあるのだろうか。

 

 

 

光を求めて進んだその先に、僕らの別離が待っているのだろうか。


光を求めて進んだその先に、僕らの終焉が待っているのだろうか。

 

 

 

未だ見ぬ光を求め、僕らはただ走り続けるしかない。